HOME>製品情報>ソリューション製品トップ>カード製品トップ>Q&A
 
Q1 :TCS−209X(スタンドアロンタイプ)とTCT−217X(通信タイプ)の違い、用途は?

  •  TCS-209Xにはキーボードとメモリカードが装着されており、基本的に単独で動作します。主にポイントカード用として使用されます。ポイントカード
  •  運用に必要な機能、ソフトをあらかじめ搭載してありますので、コンセントに接続するだけで即、運用が可能です。
  •  TCT-217Xは単独では動作しません。上位(POSレジやパソコン)に接続し、上位側からの制御命令により動作します。上位のシステムに連動して
  •  動作するため用途はさまざまです。ポイントカード、会員カード、課金、プリペイド、回数券、予約、診察券、工場ラインにおける管理カードなどに
  •  使用されています。

Q2 :スタンドアロンタイプは2度打ちになるのでレジが混雑しないか?

  •  2度打ちというと、レジでの操作を全てポイントカード機でもう一回繰り返すような印象がありますが、実際には合計金額だけをもう一度ポイント
  •  カード機に入力するだけです。合計金額を入力し、最終的に実行キーを押してから4〜5秒でカードが排出されます。
  •  通常、袋詰め、釣銭の準備をしている間にカード処理は完了しています。スーパーなど混雑する現場における実績でも、導入後以前よりレジ
  •  が混雑したという報告は1件もありません。

Q3 :従業員、アルバイトの不正が心配だが防止策はあるか?

  •  まず入力金額に上限を設ける機能をご用意しています。設定に関する操作部分は必ずパスワードを要求しています。 また、現場で簡単に
  •  集計カードを出力することが可能ですので、操作員が交代する際に集計の出力を義務付けることである程度の不正予防になります。
  •  またメモリカードには、取引内容が時間(時、分、秒)ごとに記録されていますので、最終的にメモリカードを調べることで異常データを発見
  •  することができます。
  •  このことを事前に従業員、アルバイトの方々に説明しておけば操作間違いはともかく、不正は防止することができると思います。

Q4:最小システムで運用したいが、必要なものは?

  •  TCS-209X          −−−− 1台
  •  コンパクトフラッシュカード −−−− 1枚    ← 顧客管理をしない場合は不要です。
  •  リライトカード        −−−− 必要枚数
  •  クリーニングキット     −−−− 1箱
  •  顧客管理ソフト       −−−− 1式    ← 顧客管理をしない場合は不要です

Q5 :顧客管理ソフトを自社開発したいが、取引データフォーマットの公開は可能か?

  •  可能です。

Q6 :取引データはどうやってパソコンに取り込むのか?

  •  受信側のパソコンには、当社製通信ユーティリティソフトあるいはLAN接続プログラムをインストールします。その上で

  •  @ RS232CケーブルでパソコンにTCS-209Xを直接接続しデータを送受信します。パソコンに取り込まれた取引データはテキスト形式で
  •   指定のフォルダ内に保存されます。
  •  A TCS-209Xに装着されているコンパクトフラッシュを抜き取り、市販のコンパクトフラッシュリーダー経由でデータを取り込みます。
  •   パソコンに取り込まれた取引データはテキスト形式で指定のフォルダ内に保存されます。
  •  B モデム(外付け)をTCS-209Xに接続し、公衆回線経由で本部パソコンに送受信します。
  •   パソコンに取り込まれた取引データはテキスト形式で指定のフォルダ内に保存されます。
  •   一般の電話回線ですから工事は特に必要ありません。
  •  C オプション装着によるLAN対応機は、LANによるデータの送受信が可能となります。

Q7 :使用できるカードの種類は?

  •  使い捨てのサーマルカード、銀面白濁のリライトカード、ロイコ(青、黒)のリライトカードが1台のTCS-209Xで使用可能です。
  •  上記カードの併用も可能です。
  •  PVC(厚手プラスチック)リライトカードをご使用になる場合は、専用に調整したTCS-209Xをご使用いただきます。
  •  (この場合は、PVCリライトカード専用機となります。)

Q8 :カスタマイズは可能か?実績は?

  •  ポイントカード用でご使用になる場合でも、業種やお客様ご事情によりカスタマイズのご依頼があります。
  •  詳細を打ち合わせの上、費用をいただいて、カスタマイズ版を開発、販売しております。
  •  カスタマイズは、販社向け、個別ユーザ向けどちらにも対応しています。販社向けとしてはガソリンスタンド向け専用機等が主な実績です。

Q9 :POSレジ、パソコンと連動したいがどうしたらいいか?

  •  POSレジ、パソコン側のソフト開発が必要です。
  •  当社でこの開発は行えませんので、POSレジのシステム開発会社にご相談ください。
  •  当社からは開発に必要なツール(各種制御ライブラリ)を提供いたします。

Q10 :機械の中身だけ販売しているか?

  •  機器組込み用に発行機およびユニットとして販売しております。
  •  ゴルフ練習場の玉貸機、駐車場の駐車券発券機、ガソリンスタンドの清算機等に実績があります。

Q11 :ポイントカード以外でリライトカードの使用例は?

  •  病院の診察,予約券、 自動車教習所の講習管理、各業種のプリペイドカード、回数券、ファンクラブ等の会員カード、
  •  各種施設内の課金カード,清算カード、工場ラインの管理カード等に利用されています。
 
Q1:地域により問い合わせ窓口があるのか?

  •  下記へお問い合わせください。
  •  全国担当                 :本社 機器事業部営業部(TEL:03-3723-6216)
  •  関西及び九州方面担当       :大阪営業所(TEL:06-4798-0224)
  •  中国・四国方面担当         :中国事業所 営業係(TEL:0863-32-2444)

Q2:直接購入することは可能か?取引条件は?

  •  通常は販社を通じてのお取引となります。ご都合、ご依頼により直接販売も可能です。
  •  直接販売時のお取引条件は都度相談といたしますが、通常は現金振り込み確認後、出荷させていただいております。

Q3:カードの製作はどこ依頼すればいいのか? カードも一緒に発注可能か?

  •  当社の評価試験に合格した印刷会社のカードをご使用いただきます。
  •  是非、当社へご発注ください。オリジナルデザインカードを約1〜1.5ヶ月程度で納品致します。
  •  また、合格した印刷会社をご紹介いたしますのでお問い合わせください。

Q4:販売代理店を紹介して欲しいが?

  •  お客様の所在地、導入規模、システムの内容により、販売協力会社をご紹介いたしますので係りまでお問い合わせください。

Q5:設置、操作説明はしてくれるのか?

  •  原則として費用をいただき、設置、操作説明を行います。お客様の所在地、多店舗展開の有無、導入台数、システム内容により
  •  お見積いたします。
  •  係りまでご相談ください。
 
Q1:販売するには?代理店契約は必要か?

  •  代理店制度を採っておりませんので、代理店契約等は必要ありません。
  •  お取引先条件が合えば、お取引の開始となります。

Q2:デモ機、カタログ等の販促ツールは供給してもらえるか?

  •  現状は、ご依頼に応じてカタログを無償でご提供しています。販促資料等も同様です。
  •  デモ機は、ご依頼に応じて短期間であれば貸出し可能です。
  •  カタログが定期的に大量に必要な場合や、デモ機をご購入される場合には個別に条件をお打ち合わせして対応いたします。

Q3:デモ等同行してもらえるか?

  •  ご依頼ください。ご同行致します。但し、地域によりましてはできかねる場合もございます。

Q4:設置、操作説明は同行してくれるのか?

  •  原則として費用をいただき、設置、操作説明を行います。お客様の所在地、多店舗展開の有無、導入台数、システム内容によりお見積いたします。
  •  営業活動の範囲内で無償でご協力する場合もございます。ご相談ください。
 
Q1:機械が故障した場合はどうしたらよいか?

  •  センドバック(工場に送り返していただく)方式による修理となります。お買い上げの販社窓口、または当社営業担当者にご連絡ください。
  •  修理は保証期間内を除き有償修理となります。但し、保証期間内であっても、故意、天災による破損の場合は有償修理となります。
  •  返却頂いた故障機を拝見させていただき概算費用をご連絡いたしますので、了解をいただいてから約2週間程度で修理返送致します。

Q2:カードが折れ曲がったり、傷がついてつかえなくなった場合どうしたらよいか?

  •  TCS-209Xには、再発行機能をご用意しています。新しいカードに破損カードの内容を入力し、お客様にお渡しください。
  •  (再発行ボタンを押すことで、簡単に操作が行えます。)

Q3:機械の寿命は? 定期点検などあるか?

  •  設計上の耐用年数は5年あるいは50万処理です。
  •  カードの搬送にゴムローラ類を使用していますので、2〜3年でオーバホールが必要です。

 

Copyright (C) 2012 Toyo Electronics Corporation All Rights Reserved.
"TOYONICS"は東洋エレクトロニクス株式会社の登録商標です。